MOVIE2022.04.07

成田凌の
#世界をちょっと気持ちよく

NONIO「世界を気持ちよく篇」 成田凌さんインタビュー動画

監督の「ありがとう」で実感した、
ちょっと気持ちいい世界

NONIOのCMキャラクターを演じる成田凌さん、撮影に臨むたびに発見があると言います。今回の新CMでのメッセージ「選ぶものや、使う言葉で、世界はちょっと気持ちよくなる」を、最近のお仕事で実感したそうです。

成田:今撮っているドラマの監督さんが、ワンカットごとに撮り終わったらみんなに「ありがとう」って言ってくださるんです。それがすごく現場を気持ちよく循環させる。「ありがとう」って大事だなと日々思いますね。

たったひと言が「世界をちょっと気持ちよく」する。
いつだって世界を変えるのは、ちょっとしたことなのかもしれません。

成田:自分もちょっとしたときに「ありがとう」って言える人間でありたいなと、あらためて思いましたね。

  • ペットボトルのキャップからでも、
    世界は変わっていくかもしれない

    小さなことでも積み重ねることで、世界を変えることができるかも——。成田さんが毎日の暮らしで行っていることも、そこにつながっているように思えます。 成田:ペットボトルのキャップを分別するようにしているんです。キャップを集める用の小さい紙袋も集めていて。ちょうどいい絶妙なサイズの紙袋って、なかなかないんですよ。だから、その紙袋から集めて、それにキャップをどんどん入れていって、ということをしています。 小さな行動かもしれませんが、それが世界の誰かをちょっと気持ちよくしているかもしれないと思うと、続ける原動力にもなりそうです。

  • NONIOもちょっとしたことから始めます!

    ブランド初となる、環境に配慮した「NONIOマウスウォッシュ つめかえ用 eco PACK」が登場しました。
    今まであるようでなかった、洗口剤をつめかえて使う新しい選択。一緒に始めてみませんか?
    成田さんが出演する「ちょっと気持ちいい」日常を描いたCMもぜひご覧ください!

「世界を気持ちよく」篇(30秒)

PROFILE

成田凌(なりたりょう)

成田凌(なりたりょう)

1993年生まれ、埼玉県出身。
主な出演作品に「劇場版コード・ブルー – ドクターヘリ緊急救命 - 」「スマホを落としただけなのに」(2018年)、「愛がなんだ」「さよならくちびる」「人間失格」映画初主演「カツベン!」(2019年) 、「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人」「弥生、三月-君を愛した30年-」 「窮鼠はチーズの夢を見る」(2020年)、「まともじゃないのは君も一緒」「ホムンクルス」「くれなずめ」(2021年)、NHK連続テレビ小説「おちょやん」、プライム帯初主演土曜ドラマ「逃亡医F」など。初舞台「パンドラの鐘」が控えている。